生きづらい方がほんとうの幸せに近づける「一悟術ヒーリング」

がんばってるのに、なぜか幸せを感じられない・・
〇〇があれば、きっと幸せになれるかも・・

人生に生きづらさを感じて、外側に自分を幸せにしてくれるものをつい求めてしまうことはありませんか?

〇〇の中は、理想のパートナーだったり、お金だったり、社会的に認められる職業やステータスだったり。最近だったら、”好きなこと、わくわくすることを仕事にする”というのもあるかもしれません。

・・幸せになるために必要なのは、本当にそういうものでしょうか?

あなたの’生きづらさ’は、外側の条件が変わったら本当にラクになるのでしょうか?

 

私がこれまで出会ってきた人の中には

理想のパートナーと結婚をして
子供のいるあたたかい家庭があって
生活にまったく不安のない経済力も
社会的なステータスも、自由な時間も・・・

はた目には何もかも揃っているように見えるのに、それでも幸せや充実感を感じられず、心に空いた穴を満たしてくれる「何か」を探しているような人がたくさんいました。

(・・ちょっと信じられない気もしますよね^-^)

一方、そういう外側の条件があってもなくても、いつも満たされて幸せそうに見える人にもたくさん出会いました。

何もなくても「幸せな人」と、多くを持っていても「幸せでない人」。
その違いって、いったいなんだと思いますか・・?

 

どんな状況にあっても幸せを感じられている人って、自分の中に安心してくつろいでいる、私にはそんな風にも見えます。

幸せな人は、生きることに不安がなくて、リラックスして自然体で生きている。

ただそれだけなんです。

念のために言っておくと、生きることに不安があるかないかはお金をどれだけ持っているかとはあまり関係ないようです。

物質的にも経済的にも世界の多くの国よりずっと豊かなはずの日本に住んで、なぜか安心も幸せも感じられていない子供たちが多いという事実からもわかりますよね。

つまり何をどれだけ持っているかに関係なく、生きる価値を自分の中に感じられている、だから安心してありのままの自分で生きることができる。

そんな状態にあることが、ほんとうの幸せなのではないかと。

この記事では、あなたが今どんな状態にあっても、ほんとうの幸せに近づいていくことができる「一悟術ヒーリング(甦生法)」についてご紹介します。

外の条件に頼らず幸せを感じるために必要なこと

さて、ここまでのおさらいです。

’ほんとうの幸せ’をつくるのは、無条件に自分が生きている価値を感じられているような自己否定が少ない心の状態です。

自分が生きている意味や価値をちゃんと感じられていると、自分を偽ったり、やりたくないことを無理にやる必要もなくなります。

自分を人と比べて優越感に浸ったり自己卑下に陥ったりすることも少なくなって、自分のままでシンプルに生きることにOKが出しやすくなります。

学歴やステータス、経済的な安定や豊かさ、人に愛されること、認められること、こういうものがなくても「自分には充分生きる価値がある」と自然に思えている、そんな状態です。

逆に言うと生きづらさの原因は「素の自分では生きている価値がない」という深い思い込み。だから「しんどくても頑張り続けることを選択するしかない・・」と感じてしまうのです。

多くの人の中にあるこの深い思い込みは、一体どこから来ているのでしょう・・?

ありのままで生きられなくなる二大要因

「バーストラウマ」と「インナーチャイルド」という言葉を、これまで耳にしたことはありますか?

バーストラウマというのは、お母さんのお腹の中にいるときから、生まれて3ヶ月ぐらいまでの間にできる「心的外傷(トラウマ)」のこと。

インナーチャイルドは、幼児期から大人になるまでの間の傷ついた出来事や満たされなかった欲求が原因でできる「心的外傷(トラウマ)」のことです。

この2つの心の深層にできてしまう傷によって、ありのままの自分で自由に生きるということが多くの人にとっては難しいものになってしまいます。

それぞれを少し詳しく見ていきましょう。

「生まれてきてよかったの?」という思いを作るバーストラウマ

「自分は生まれてきてよかったの?」という思いを作るバーストラウマ

少し昔なら、赤ちゃんは眠っているだけで何も感じていない、ということを信じる人も多かったのかもしれません。

最近ではお腹の中の赤ちゃんの様子を詳しくチェックすることのできる技術も発達し、胎児期にお母さんの心のストレスが赤ちゃんに及ぼす影響や、出産前後の赤ちゃん自身が直接感じるストレスやショックなどについても徐々に知られるようになってきています。

バーストラウマの主な原因には以下のようなものがあるようです。

  • 現代医学に基づいた出産法をとること。
  • 生まれてすぐに、赤ん坊が新生児室に連れて行かれ、一定期間、そこで過ごすこと。
  • 生後から3ヶ月間、母親があまり抱いてやらないこと。
  • 赤ん坊がおなかにいる時、母親が強い肉体的・精神的苦痛を受けていること。
  • 陣痛促進剤などをもちいていること。
  • 帝王切開・吸引分娩などで生まれていること。
  • 陣痛や出産が始まることにより、へその緒からの酸素と血液が途絶え、赤ん坊が酸欠状態になり、死の恐怖を覚えること。
  • 難産などで、赤ん坊が蘇生処置を受けていること。
  • 笑気ガスやモルヒネを出産時に用いていること。
  • 母親の心音を聞かせてやらない形で赤ん坊を抱き続けること。
  • 母乳をあまり飲ませなかったこと

出典 一悟術公式ウエブサイト「バーストラウマとは」

つまり、現代に生きるほとんどの人は何かしらのバーストラウマを持っていると考えられるわけです。

自分が生まれる前後やお母さんのお腹にいるときの記憶は、通常はアクセスできない心の深いところに眠っているため、このトラウマが日常生活で意識にのぼってくることはありません。

確かに、「産道通るとき、めっちゃ苦しくて怖かったわー」という人はあまり聞いたことないですよね^ ^

覚えてはいないけど、赤ちゃんの時に体験した大きな不安や恐怖は、文字通り心についた傷として潜在意識(自分では気づきにくい意識の領域)の奥深くに存在しています。

そして「自分は生まれてきてはいけなかったのではないか、生きていてはいけないのではないか」という思いとなって、人生に影響を及ぼし続けると言われます。

つまりバーストラウマが大きい人ほど、「自分はただ生きているだけで価値がある存在」という気持ちで、安心して生きることが難しくなってしまうんですね。

「愛される価値がない」という思いを作るインナーチャイルド

ほとんどの人にとってバーストラウマは覚えていない心の傷となって、生きることの喜びや幸せ感に強く影響を与えているようです。

一方でインナーチャイルドは幼児期から成人期という比較的長い期間にできる心の傷なので、その一部を記憶に残るつらい思い出として持ち続けている人も多いかもしれません。

インナーチャイルドの原因は数え切れないほどありますが、例えばこのようなものが代表的です。

  • 家庭内暴力を受けたこと。
  • いじめを受けたこと。
  • 求める形で親からの愛情を得られなかったこと。
  • 兄弟姉妹の存在により、親の愛情が減ったと感じたこと。
  • 親などの状況により、家庭が安心していられる場所ではなかったこと。
  • 自分のペースより、早く成長を求められたこと。
  • 納得のいかない形での親との別離。
  • 恒常的に否定されたこと。
  • 「ダメ」という言葉を頻繁に使われたこと。
  • 学力=存在価値と刷り込まれたこと。
  • 存在価値を否定されるような教育を受けたこと。

出典 一悟術公式ウエブサイト「インナーチャイルドとは」

インナーチャイルドはこのようなつらい体験によって「自分には愛される価値がない」という思いを心の中に形成していきます。

インナーチャイルドを多く持っている人は、感情の起伏が激しかったり、逆に心を閉ざして本当の気持ちを感じないようにしながら、情緒不安定な状態で生きる傾向にあり「人生が思い通りにいかない」という生きづらさを抱えてしまいます。

ただ、一般的には「これが自分の性格」と認識し、簡単に変えられるものではないと捉えている傾向が強いようです。

一悟術の公式ウエブサイトには「バーストラウマ・インナーチャイルド影響度テスト」というものもありますので、がんばっているのに生きづらいという方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

バーストラウマとインナーチャイルドのヒーリング

現代人の誰もが持っていると考えられる「バーストラウマ」と「インナーチャイルド」。
心のことを勉強したことがある人なら、インナーチャイルドを癒す方法をすでに試してみた方もいるかもしれませんね。

カウンセリングなどの言語コミュニケーションによってインナーチャイルドを癒していく方法は世の中に数多くありますが、今回ご紹介する一悟術ヒーリングは対話ではなく、高い周波数のエネルギーを心の傷に作用させて癒すものです。

ヒーリングエネルギーによって働きかけることのメリットは

・思い出すことが難しい心の傷にも作用する
・トラウマになった出来事を本人が思い出して再体験する必要がない
・滞りとなっている箇所に、広範囲に働きかけることができる

などがあります。

身体にできる’外傷’であれば、お医者さんが診て必要な治療を判断し、処置をするということができますよね。

心の傷は外からは見えないので、それがどのようにできた傷で、現在どのような状態なのかというのを、本人が説明できないことには専門家でも傷の癒しようがないものです。

そして実際には本人もその傷の存在に気づけないまま、生きづらさを感じているケースが圧倒的に多いため、言語によるコミュニケーションが主となる一般的な心理療法では、日常生活に悪影響を出さないために必要となる癒しを行うのに、途方もなく長い時間がかかってしまいます。

色々な手法を試してもキリがないように感じたり、一時的にラクになってもまた元に戻ってしまったように感じるのは、本人の顕在意識にない根本的な要因を通常の心理療法(カウンセリングなど)などで扱うことが難しいため、とも言えます。

一悟術ヒーリングはどこからきたの?

ヒーリングエネルギーによって深層部の心の傷を癒す甦生法(一悟術ヒーリング)。そのルーツはなんと数千年も前の縄文時代にさかのぼるそうです・・

自然と共生していた太古の日本人の叡智の結集とも言える技術が、必要に応えるように現代に蘇ったもの、とも言えますね。

詳しくはこの記事では割愛しますので、一悟術ヒーリングのルーツや現代に再構築されるまでの流れについて興味のある方はこちらのサイトでご一読を。

一悟術ヒーリングをオススメする理由

生きづらさを感じている人に「一悟術ヒーリング」をオススメする理由としては、こんなものがあげられます。

・受け方がシンプル
・効率が良い(最短5ヶ月)
・辛い出来事を再体験する必要がない
・最も深層にある心の傷、バーストラウマに作用する
・施術者やクライアントによって効果が大きく変わることがない
・効果は永続的で一生もとには戻らない

バーストラウマとインナーチャイルドを根本的に癒す方法は、一悟術ヒーリングの他にも各種の心理療法や瞑想、修行(滝行など)などいくつか存在しています。

その中でも、苦痛を伴わないシンプルな方法で、最短5ヶ月で、バーストラウマとインナーチャイルドの35%以上を癒すことができる、というのが一悟術ヒーリングの大きな特徴です。

ちなみに同様の効果を一般的な心理療法などで目指すとしたら、少なく見積もっても10年以上、瞑想のみだと20年〜30年はかかるでしょう。

注1:そもそもバーストラウマはインナーチャイルドと異なり、体験を思い出すこと自体が困難なため、通常のカウンセリングなどでは扱うことができない範囲です。(ヒプノセラピーなど、特殊な方法で試みることはできます)

注2:瞑想はもっとも深層にあるバーストラウマにも作用することが可能と言われます。また理想的に行うことができれば甦生法以上(最大100%の解消)の効果が望めるそうですが、そのためには人生のほとんどを瞑想して過ごすという覚悟が必要となります・・

一悟術ヒーリングのデメリットも挙げておくと

  • カウンセリングのように対話によって意識的なプロセスを踏むことで「癒されていることの実感」が持てたり、「自分で改善しているという喜び」を持ちにくい
  • それなりに費用がかかる

などでしょうか。

心の深いトラウマが35%以上解消されると、人生はどう変わる?

ヒーリングを受けた後、人生はどう変わるのでしょう?

気づかないうちに理想の人生を阻害している潜在意識下の自己否定プログラムの影響が減ることで、生きることがラクになり、人生が少しずつシンプルになっていきます。

一悟術ヒーリングをあえて家の片付けで例えるなら、今あるものを維持しながらなんとか収納したり片付けようとするのではなく(⇦これだとすぐにリバウンドしてしまうことは多くの方がきっと経験済み^^)

増えてしまった大量のモノ(胎児期〜成人期にできた心の傷)をまず断捨離して、家の間取りごと心地よいものに変えてしまうぐらいのインパクトのあるものです。

具体的には、一悟術ヒーリングを受けたあとこんな変化を感じる方が多いようです。

・人間関係の悩みが減った

・ムリをすることがなくなって、自然体でいることが増えた

・同じことをしていても疲れにくくなった
・感情が安定して、穏やかになった
・自分の好きなことがわかるようになった
・「罪悪感」や「孤独感」が軽くなった
・人の目が以前ほど気にならなくなった
・日常の些細なことにしあわせを感じられるようになった
・苦しい親子関係が改善された
・人と比べることがなくなってラクになった
・将来に対する不安が減って、楽観的になった
・自己否定が減った

・自分のペースで居られるようになった

一悟術ヒーリングは、下記のような方に特にオススメです。

  • 人生が思い通りにならない
  • がんばっているのに報われない
  • 自分に自信がない、自分が好きではない
  • 日常に幸せを感じにくい
  • 人間関係をうまく築けない
  • 色々なセラピーを試したけどラクにならない

一悟術ヒーリングの受け方

ヒーリングの受け方は、とてもシンプルです。

ヒーリング時間

1回のヒーリングの時間は約8分。
椅子に座って目を閉じた状態で行います。お体に触れることはありません。

回数

1クール20回。
セッションとセッションの間隔は、一週間以上あけて行います。最短5ヶ月で完了です。

セッション時間

セッションの所要時間は約45分。
ヒーリングの前後に、変化を確認するためのチェックトークが入ります。

場所

初回は対面、2回目以降は電話にて。
2回目以降は、ご自宅などご都合の良い場所で受けられます。予約のお時間に、こちらからお電話をおかけします。

料金

  • 本セッション(1クール20回):320,000円(税別)
  • 体験セッション(ヒーリングのみ):10,000円(税別)
  • 体験セッション(ヒーリング+感情カウンセリング40分):15,000円(税別)

ヒーリングの種類

  • 基本解消ヒーリング:バーストラウマとインナーチャイルドのヒーリング。
    対象者:初めて一悟術ヒーリング受ける方。
  • 過去生ヒーリング:さらに深層のトラウマヒーリング。
    対象者:基本解消ヒーリングを1クール以上受け終わっている方。

「人生」という家をリニューアルしませんか

冒頭に触れた「人生を幸せにしてくれそうなもの」。

理想のパートナーやあたたかい家庭、不安のない経済力やワクワクするライフワーク・・・
ほかにも魅力的な外見や、健康、というのもありそうですね。

こういうものが、人生を豊かに彩ってくれることは確かです。

バーストラウマやインナーチャイルドから出てくる「自己否定」が減って心がスッキリしてくると、日常のささいなことにも幸せを感じやすくなり、自分には理想の現実に見合う価値があると自然と思えるようになっていきます。

自分にしかない能力や魅力にも気づき、幸せになることや豊かになることを自分に許せるようにもなるでしょう。

感覚が磨かれ、人生で本当に自分を満たしてくれるものが何かということも明確になり、欲しい現実が当たり前の日常になっていく人生に変わり始めます。

(なんとか引き寄せようと頑張って手に入れるというより、気づくと欲しいものが自然と手に入っている不思議な状態です)

逆に自分の生きる価値に対する「否定感」、愛される価値がないというような「不信感」を心の奥に持ったまま、それを埋め合わせるために欲しいものを得ようとするやり方をしてしまう場合はどうでしょう・・?

どこまで行っても満足は感じられず、疲弊しながらも進み続けるために自分にムチうち、目先の何かを得る代わりに結局は大切な何かを失ってしまう・・・

そんなことを繰り返す、苦しいパラダイムに。(はい、私も経験しています^^;)

だからこそ、たとえ何も持っていなくても幸せを感じられる自分の心の状態を作ることが、外側に「何か」を求めることよりずっと大事なことなのです。

 

バーストラウマやインナーチャイルドを癒してほんとうの幸せに近づきましょう。

(いつもモノで溢れた住みにくい家から、必要なものだけでスッキリ暮らせる新しい家への住み替えです!)

無条件に自分の生きている価値を感じて生きることは、「心の中にいつも幸せがある」という穏やかで安定した状態。

外の環境がどう変わっても、絶対に安全な家を手に入れるようなものなのです。

生きづらさに悩む人生を終わりにして、穏やかな風景を楽しめる新しい人生の時間を手に入れませんか?

あなたが大輪の花を咲かせていく新しい人生の始まりに、お会いすることを楽しみにしています。

体験セッションを申し込む
 

最新の一悟術ヒーリングの体験セッションの日程

2018年7月〜8月の関東・関西で個人セッションを行います

「南の島で人生を変える」ヒーリング体験セッション(宿泊つき)@小浜島/沖縄