「本音や意見を親に言えない」親との関係を苦しくするインナーチャイルドの仕組み

大人になって親との関係性に苦しみ続けている方は、親に対して自分の意見や本音が言えず、親に気を使って迎合してしまっていたり、親の価値観にいつまでも振り回されながら生きているケースに多く見られます。

親子関係は全ての人間関係の土台とも言われますが、特に自分のパートナーシップ(夫婦や恋愛)などの深い関係性において、親子関係の影響は現れてきます。

幼少時から他人の感情に敏感で、傷つきやすい性質を持ったエンパスやHSPと言われる方などは特に、親や周りの人の気持ちを損ねること、またそれによって自分自身が傷つくことを恐れ、小さい頃から自分の本音を隠して生きる習性を身につけてしまうことが少なくありません。

そういう方は、親やパートナーに限らず人間関係全般において相手に合わせるように同調しやすく、不用意に相手との間にエネルギーコードを作ってしまいます。

エネルギーコードで繋がった相手からは、物理的な距離に関係なく常時影響を受け続けることになるため、繋がっているエネルギーコードが多ければ多いほど、不自由で生きづらい状態となってしまいます。

他人につい合わせてしまう同調が常態化されるエネルギーコードについては、こちらの記事で解説しています。

エンパス・HSP(敏感体質)が「人との付き合いに疲れやすい」その理由とは?

この記事では、幼少時の心の傷(インナーチャイルド)が人との同調を生む仕組みと、その改善策について解説します。

インナーチャイルドとは

インナーチャイルドとは、幼少時から成人するまでの間に「傷ついた体験」「満たされなかった欲求」によってできる心の傷のことです。

家庭での虐待や学校生活でのいじめや暴力被害など、大きなトラウマテッィクな出来事ばかりがインナーチャイルドとなる訳ではありません。

「兄弟間で比較し続けられた」「厳しく育てられて我慢が多かった」「自分の気持ちを聞いてもらえることがなかった」「親の転勤で頻繁に環境の変化を強いられた」「スキンシップなど求める形で親の愛情を得られなかった」など客観的には些細なことと思えるようなことでも、十分にインナーチャイルドの要因となります。

エネルギー的な説明を加えると、インナーチャイルドとは、幼少時に頻繁に感じていた不安や緊張、恐れや悲しみなどの感情エネルギーの滞りや固着が、エネルギー身体と呼ばれる見えない身体に保持されているものです。

このような深い領域のエネルギー身体の滞りは、生命エネルギーの循環を妨げるもので、大人になってからの情緒不安や体の不調としても現れてきます。

インナーチャイルドの要素のもう一つは、感情エネルギーの固着にセットとなる形で保存される「深い思い込み(固定観念)」です。

この2つの要素「固着した感情エネルギー+その体験によって作られる深い思い込み」によって、インナーチャイルドは潜在意識に固定され、人生の長い時間に渡り影響を及ぼし続けます。

インナーチャイルドの構造を捉えやすいように、少しわかりやすい例をあげてみましょう。

ある親子をイメージしてみてください。親を困らせるような小さな子どもの自由な言動に親がつい感情的になって、強い口調で叱りつけたとします。

親の大きな声と厳しい表情、急に投げつけられた感情のエネルギーに、子供の心の中では、恐れ、悲しみ、不安が急速に膨らみ、それを放出するために声をあげて泣き始めます。

その時に、もし泣きたいだけ泣くことが許されたり、親がすぐに子供のショックに気づき子どもの気持ちを落ち着かせるための言動に出て、子どもが心理的に「安心の場所」に戻れたならば、子どもの感情の波はいずれおさまり、時間とともに穏やかな状態に戻っていくでしょう。

子供の感情体はクリアでそもそも循環が良いため、感情の波が一時的に高くなっても放っておくとまた元の穏やかな状態に戻りやすいのです。今泣いたカラスがもう笑ったと表現されるように、小さな子ども感情の切り替わりが早いのはこういった理由からです)

ここでもし、親が泣き出した子供に余計にかっとなり手をあげてしまったり、さらに強く叱りつけたり、泣くこと自体を押さえつけるような言動に出てしまったら、子供の中の膨らんだ「感情エネルギー」は行き場を失い、その場で強い圧力がかかるため圧縮され、感情体の中に流れることを止められたエネルギーの固着として保存されます。

また、この体験によって子どもが学習した情報が「思い込み(固定観念)」として付与されて、圧縮された感情エネルギーと一緒に保存されます。

人の感情エネルギーのメカニズムについては、こちらの記事にもありますので興味のある方は読んでみてください。

感情的で「会話がかみ合わない」人との、感情に振り回されない会話術

インナーチャイルドによってできる「思い込み」は、どんな人でも数多く持っていると考えられ内容も様々ですが、代表的なものとしてはこんなものがあるでしょう。

  • 「自分はありのままでは愛されない」
  • 「自分の本当の感情を表現してはいけない」
  • 「自分が弱音を吐かない良い子だったら愛される」
  • 「親の言うことを聞いていれば、守られて安全」
  • 「親を怒らせたら生きていけないかも」
  • 「嫌なことでも頑張ってやり続ければ幸せになれる」
  • 「自分が我慢さえすれば、親(またはみんな)は幸せでいられる」

インナーチャイルドが同調体質を生むプロセス

自分がどんな状態でも愛されていると感じられ、自分の感情や意見を自由に表現することができる環境で育ったインナーチャイルドの少ない子どもは、必要以上に他人の顔色をうかがうこともなく、自由に自分のやりたいことを実現できます。

逆にありのままでは愛されない、というインナーチャイルドを多くもっていると、自尊心も低くなり、これ以上自分が傷つくことがないように、また自分の心の痛みを感じなくて済むようにと、自分を守ることにエネルギーを費やす必要が出てきます。

そのため、自分の意見や考えていることを表現することより、相手の気分を損ねないよう相手に合わせて動くことの方が重要となってしまうのです。

また、インナーチャイルドによって「親(相手)と繋がれない不安」「親(相手)に拒絶される不安」も大きいため、よりエネルギーレベルで相手と同調*することで「相手と繋がっている安心感」を得ようとするのです。

*同調というのは、相手に合わせて自分が動いてしまうこと。詳しくは冒頭で紹介したこちらの記事にありますのでぜひ参考に。

そして同調が常態化すると、特定の人との間で「エネルギーコード」が繋がったような状態になっていきます。

単なる同調はその場限りのものなので、物理的に相手と離れることで同調は自然と切れるのですが、同調が常態化した「エネルギーコード」で繋がれてしまうと、相手と会ってなくても、つまり相手が目の前にいなくても、無意識に相手軸で(相手の期待や相手の価値観に合わせて)自分が行動してしまうようなことが起きてきます。

互いに離れたところに住む親子関係で「エネルギーコード」が繋がっているような状態は、珍しいことではないでしょう。

同調体質の改善の鍵は、インナーチャイルドを癒すこと

ということで、人の気持ちに合わせてつい動いてしまってしんどくなる「同調体質」の改善の鍵は、インナーチャイルドを癒し解放することにあります。

インナーチャイルドが癒えることで、幼少時の体験で積み上げられた心の深い部分にある不安が軽減されて、他者との同調をすることなく、自分軸で自由にラクに生きることが可能となっていきます。

インナーチャイルドを根本的に癒すためには、基本的に以下の2つのことが必要となります。

  1. 見えない身体に保持されているエネルギー的な滞りや固着を解放する
  2. セットとなって保存されている不要な思い込み(固定観念)を書き換える

このうち、1のインナーチャイルドの固着化したエネルギーを癒す方法としては、自分でできるインナーチャイルドワークなどを使って、一つ一つの出来事を思い出しながらその時の感情をもう一度感じ直すことで、固着したエネルギーをある程度解放していくことが可能です。

ただ、ショックが大きかった体験ほど心の深いところで厚い蓋をされていることが多く、自力で思い出すことが難しいものです。

自分では思い出すことのできないインナーチャイルドを効率的に癒すエネルギーワークもありますので、興味のある方はこちらの記事も参考にしてください。

生きづらい方がほんとうの幸せに近づける「一悟術ヒーリング」

そして2つ目の、深い思い込み(固定観念)を書き換える方法ですが、これは1でエネルギーを解放することとセットで行うことをオススメします。

やり方としては、自分の中の固定観念を覆す(くつがえす)ような価値観や考え方をなるだけたくさん書き出すなどして、思い込みが固定された状態を緩めます

そして、その固定観念の逆を証明できる小さな体験を、できることから意識的に積んでいくようにしてみてください。

具体的な例をあげると

「自分の本音を表現したり自由に振る舞うと、周りの人が不愉快になる」というような固定観念を、インナーチャイルドとして持っていたとしましょう。

まずは、その思い込みが真実かどうかを大人になったあなたの頭で冷静に検証してみます。

例えば、実際に自分が本音を表現したり自由に振る舞っても、周りの人が不愉快にならなかった過去の体験がないかを思い出してみたり、誰かが自由に振舞っても周りの人が不愉快にならない事例や理由を書き出していきます。

思い込みが深くて強いほど、この作業は難しく感じるかもしれません。少なくとも5個はあげてみようなど数を決めて、最初は時間がかかっても頑張って捻出してみてください)

うまくアウトプットができて、もしかしたらこの思い込みは真実ではないかも、というように固定観念が緩んだら理想的です。

次の段階としては、実際に「本音を表現して自由に振舞ってみる」ということを日常の中で試してみてください。

何度か「本音を表現して自由に振舞っても、周りの人を不愉快にしなかった」体験が積み重なっていくことで、固定観念はさらに外れやすくなっていきます。

このように、一つ一つのインナーチャイルドのエネルギー的な解放と固定観念の書き換えが完了していくことで、無意識に本音を隠して人に合わせてしまおうとする同調体質は少しずつ改善に向かうと考えられます。

まとめ

同調して相手に合わせようとする生き方から、ありのままの自分の価値を思い出して、人間関係において本音を素直に表現すると言うことができるようになると、相手との関係が表面的な平和ではなく、互いの違いを認めた上で成り立つ「本質的な平和」に近づいていくことができます。

その関係性は、相手との違いを理解し相手のありのままの状態をも受け入れることなど、初めのうちは面倒と感じるプロセスは必要としますが、長期的には健全で心地よい関係性へと発展し得るものです。

もちろん自分がどれだけ変わっても相手が変わらない、ということも起きるでしょう。

それで大丈夫です。大事なことは「自分がどれだけ自由になって行くか」ということだけなので、相手の問題は相手に任せて起きましょう^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)