「感じすぎて疲れる」エンパスやHSPが決して忘れてはいけないこと<後編>

この記事は、下の記事からの続編です。

「感じすぎて疲れる」エンパスが決して忘れてはいけないこと<前編>

世界を変えるか? 自分を変えるか?

世のため人のため、という言葉が日本にはありますね。

一見美しく立派な精神のようにも見えますが、・・世の中(または他の人)を良くしようと働きかけることは、エンパスにとって大抵はリスクの高いことです。

(というより、たとえ目指したとしてもおそらく達成できる方向には向かわないでしょう)

心理学やスピリチュアルなことを学んできた方ならきっと良く知っていることと思いますが、あなたが本当に変えることができるのは、唯一あなた自身だけです。

外に働きかけて誰かや何かを変えようとするより、自分という存在の本質に気づいてそこに近づいていく(Self-mastering=セルフ・マスタリング)というのが本来の人生の目的です。

その旅のプロセスで自己成長や自己変容を遂げることこそ、最終的には他人にできる最大の贈り物となるのです。

エンパスであるあなたの変容は、波動レベルで他の人にも世界にも影響を与えます。

あなたのあり方が、他の誰かにとってのインスピレーションとなるのです。

「本来の自分ではないもの」を少しずつ手放して自分をクリアにしていったり、あなたの才能や能力を磨き続けながら自己成長と変容をし続けることが、「それが達成できる」ということを他者に知らしめることになるし、同じベクトルに向かう人の希望ともなるでしょう。

あなたが繊細なセンサーと高い感受性を持ってこの世界に来ることを選択した唯一の理由は、魂の成長と進化を遂げるために、その性質をどう使って人生をどうナビゲートするのかを学ぶためです。

あなたの魂が進化すれば、その体験は集合意識の領域に「アップロード」されることになります。

この方法が唯一、あなたが世の中に本当に貢献できる方法なのです。

もしそうではなく、世の中を良くしようと人のために駆けずり回るとしたら、そのプロセスでより多くの人との依存関係を作るり、エネルギーもその才能もすり減らしていく一方的な循環となってしまいます。

外に働きかけることで世の中を良くすることはできないことに気づいておくことは、エンパスにとってとても重要なことです。

あなたの見ている現実は、ありのままを反映した姿です。

「ありのまま」とは、あなたが作り出しているバイブレーションそのものという意味です。つまり目の前の現実は「私たちのあり方」を完全に反映しているからです。

(具体的には、目の前の現実はあなたの「潜在意識にあるもの」が3次元に体現化されたものです)

自分を見つめて、本来の状態へと純化していくことに最大の力を注ぎましょう。

世の中を少しでも心地よいものに変えるために私たちができることは、自分を癒して魂を進化させること、つまり自分の本質へと自らが向かっていく道を進むこと以外にはないのです。

これは、人のことは放っておいて自分のことだけやりましょう、という意味ではもちろんありません。

自分も相手もそれぞれが自分の足で立ち、才能を存分に発揮できる生き方へと向かうために、自分に向き合い続けるということです。

少しわかりやすい表現をすると、「人のことは(その人が自分で成長する力を信頼して)思いやりを持ってただ見守る」という感じでしょうか。

忘れてならないのは、利他主義(自分を犠牲にしても他人の利益・幸福を考えて行動するやり方)とは、依存関係のことではないということです。

人が自分で学ぶためには、自由に道を歩む必要があります。

私たちは本質的には完全に自由な存在として宇宙に許され存在しているし、一緒に人生を歩む人にも完全な自由を与えていることは、同様に大切なことです。

私たちが「誰かのために」何かをするときというのは、そうすることがシンプルに心地よいと感じるからというのが本来であって、「自分が必要とされる必要性」や、責任や義務のためではありません。

自分の中にあるものを見る恐怖

私たちの本当の目的は、内なる習熟を遂げて魂を進化させていくことです。

私たちの多くは、あまりにも多くのことを感じすぎるがために、過去のどこかの時点で感じることを閉じることを学びました。

自分が感じていることから意識を逸らすように、外の世界や誰かの感情に意識の焦点を合わせるようになりました。

そうすることで自分を守る必要があったためです。

自分が本当に感じていることに耳を傾けすぎるより、外の世界や誰かの気持ちにフォーカスし、それに合わせたり変えようと試みることの方がずっと容易に思えたからです。

自分の本当の感情に向き合うことに比べたら、目の前の人の「問題」を解決することの方が、感じる恐怖も少ないからです。

今の社会では、感情を感じすぎることは弱いこと、未熟なことと見なされる傾向があります。幼い頃から親や先生に「素直なありのままの感情を出して良い」と教えられて来た人はあまりいないでしょう。

そうやって私たちのほとんどの心の奥深くには、フタをされたまま癒されることのない、数え切れないほどの痛みや心の傷がしまい込まれたままになってしまいました。

エンパスの高い感受性は、自分自身をあまりにも脆弱に感じさせてしまうのです。

ここでの問題は、他人に焦点を当てても、本質的には何も解決しないし誰も幸せにはできないということです。

自分の心の奥深くにある痛みから一時的には目を逸らすことができるかもしれませんが、それは本当の自由はもたらしません。自分にも相手にも結局は「力を与える」ことにはならないのです。

私たちが誰かにとって必要とされたり愛されていると感じることで、自分に対して「生きることへの承認」を一時的に得ることができるだけなのです。

前述したように、それが発展していくと互いの人生にマイナスとなる共依存関係さえ生み出していってしまいます。

「心の奥深くに埋められない虚しさや絶望感がある」というエンパスは少なくありません。

その空虚感をまともに感じることは耐えがたいものなので、「本来の道を離れて生きている」ことを示唆するすべての「ネガティブな感情」とともに、それを心の深いところにしまい込んで固くフタをしてしまいがちです。

そして気がつくと、「誰かを支えることができる自分」という自己価値を証明する場所へと戻りたくなってしまうのです。

誰かにエネルギーを吸われ続ける「エネルギーフード」のような役割になることが、刹那的であっても自分の生きる意味や価値を自分で承認できる唯一の手段であるという意味で、それはエンパスにとってあたかもドラッグのように嗜癖性のあるものです。

このドラッグを手放してしまったら、見ないようにしている「空虚感」や「孤独感」を強く感じることになってしまうためです。

多くの友人知人を持ちながら「誰とも繋がっていない」「本当の自分をわかってくれる人はいない」という感じがするエンパスの悩みの理由は、自分自身が本当は持っているネガティブな感情とともに「真の自分」を、心のもっとも深いところに「埋葬して」しまっているからです。

自分の心の底にある「空虚感」を感じなくてすむよう、外側の世界や誰かに「必要とされること」に固執し、エネルギーを外に向けて使い続けようというやり方は、その関係性を長く持続させることはできません。

解決策は果たしてあるのでしょうか・・?

エンパスの「感じる力」を活かすこと

エンパスの持つ能力の本来的な使い方はシンプルです。

それは自分の内面をちゃんと「感じること」、つまりエンパスの「感じる力」を自分の内面に向けるのです。

深く感じる能力は、エンパスの持つ偉大な力です。決して閉じてはいけないものです。

自分の感情の領域にあるものを捉え、強く微妙に調整された敏感な能力をもってそれが世界に返されるとき、周りのエネルギーとの共鳴状態が生まれます。

その時、それがあなたの現実を作り出していることが腑に落ちるでしょう。(あなたの内面の成長と進化に最も適した現実が目の前に現れるという形で)

あなたの内面が本当の自分と一致するように調和すると、外側の世界もそれに呼応するようにあなたの周囲から調和が始まります。

それは世界に多くの平和と愛をもたらす方法です。これが本当のコンパッション(慈悲)とも言えるもので、それはいつでも内側で起こり外に投射されるものです。

振動する宇宙においては、感情は私たちが自由に扱える最強のバイブレーション(振動)の指標です。もしそのような見方で見るなら、感情と深く繋がる力は私たちの最大の武器となります。

自分をただ深く感じましょう。バイブレーションへの高い感受性は、あなたが望むエネルギーのどの領域にも移動することができる才能です。これは「野生本能」でもなければ「論理性」でもない、それは「波動知性」とも呼べるものです。

いかなる瞬間も、何が心地が良くて何が心地よくないのかを自分の感情に尋ねてみましょう。そして、最も自分が力を得られると感じる方向に動いてみましょう。

実際に動いてみないことには「それがどんなものなのか」はわからないとしても、です。

まとめ

外の世界や人の感情に同調する代わりに、自分の内側を感じること。

自分の外側にあるものをジャッジしたり意味付けする代わりに、自分の呼吸や感情を感じ、自分の中心にとどまりましょう。

感情はあなたではありません。すべての感情は単なる指標です。

感情はあなたが今どこにいるか、あなたが本当はどこにいたいのかを知ることを助けてくれます。

あなた自身が世界に存在し、生命と能力を育くむ力を自分に与えましょう。

心の奥深くに存在する空虚感から自由になるために、まずは自分で自分を満たして下さい。

人の感情を感じすぎることは「弱さ」や「傷つきやすさ」ではありません。

感じることを、閉じないでいましょう。

感情はエンパスであるあなたが持つ、最大のツールです。

ぜひ活用しましょう。

***

こちらの記事では、感情というエネルギーの仕組みについて書いています。

「人の感情をもらって疲れる」エンパス体質が感じすぎちゃう理由って?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)