宇宙を味方にして幸運を引き寄せる「セルフコンパッションー自分を許して愛する技術」

セルフコンパッションという言葉を聞いたことはありますか?

セルフコンパッション(self-compassion)とは簡単に言うと、自分に対して思いやりを持つこと、優しくするあり方のことです。

他の言葉で表すとすると、良いところも悪いところも含めて自分を承認すること(自己承認)、失敗したりダメな自分をも自分自身で受け入れること(自己受容)、などが近いかもしれません。

自分に優しくすると「よけいに怠けてダメな自分になるんじゃないか」そう思う人もいるかもしれませんが、実際には逆です。

自分を認めて、どんな自分でも愛することができれば、何もなくとも自然なやる気が湧いてきて、その時その時でベストを尽くせる自分になれます

また、自分を愛することができるようになると、自然と運がよくなります。

この記事では、セルフコンパッションの具体的な方法と、セルフコンパッションを実践することのメリットについてまとめています。

セルフコンパッションとは具体的にどんなもの?

セルフコンパッションとは、直訳すると、「自分に思いやりを持って、優しくあること」です。

では自分に思いやりを持って優しくある、というのはどういう状態でしょうか?

あなたが大好きな人を思い浮かべてみてください。恋人でもお子さんでも友人でも親でもいいでしょう。

その人が、何か大きな失敗をしてしまい落ち込んでいるとしましょう。あなたはその人にどんな態度でどんな言葉をかけるでしょうか?

 

「大丈夫だよ、頑張ったよね。元気出して」

「次はうまくいくよ、応援してるよ」

そんな言葉をかけたくはならないでしょうか?

 

間違っても、

「お前はなんてダメなやつなんだ」

「ほらね、どうせ何をやっても無駄だよ」

「努力が足りないんだよ、考えが甘すぎる」

・・・なんて厳しい言葉をかけることは、あまりありませんよね^-^;

 

でも私たちは、つい自分に対しては心の中でこんな批判的な態度や言葉を向けてしまいがちです。

セルフコンパッションとは、大好きな人に対してかける言葉や態度を、自分にも同じように向けることです。

つまり、自分自身を「誰より大切な人として、愛情を持って応援する」ということです。

 

自分を大切な人として扱ったり、思いやりを持った態度で優しくあるために必要な要素には、以下のようなものがあるでしょう。

  • 自分を受け入れることー自分の感情も、性格も、外見も、過去の失敗も、丸ごと受容すること
  • 自分の力を信じることー今はできないことがあっても、できるようになる自分を信じること
  • 自分の価値を認めることー社会的ステータスや自分の能力、仕事の成果や所有しているものなど、外側の何かに関係なく「ただ生きているだけで、自分には価値がある」と思えること

などです。

逆に言うと、自分を受け入れることができず、自分を信じることも自分の価値を認めることもできないでいると、自分に対して「常に批判的で厳しい」態度になってしまい、誰かに自分を承認してもらおうと求めてしまったり、自分で自分を苦しめ続ける生き方になってしまいがちです。

セルフコンパッションで運がよくなるのはなぜ?

セルフコンパッションによって、自分に思いやりを持ったあり方を続けていると、自然と自分を受け容れ愛せるような柔らかい心に変わっていきます。

そもそも「運が良い」という状態は、自分を取り巻くエネルギーの循環に滞りがなく、宇宙によって与えられる豊かさを抵抗なく受け取ることができる状態とも言えるので、リラックスして流れに乗って生きていることが、とても大事な要素となります。

逆に自分に対して価値を感じられず、自尊心が低く、何かあると自分を厳しく批判してしまう心の状態は、うまく行かない不安が大きくなるため緊張が強く、なかなかリラックスすることができないため、自分の内外のエネルギー循環が滞ってしまいがちです。

この状態では、自分にとって必要なチャンスや、自分が望む豊かさに繋がる人との縁が目の前にやってきていても、すんなり受け取ることができなかったり、目の前にあることにすら気づかないで、みすみす見逃してしまうこともあるでしょう。

自分に対する態度が変わることで運がよくなるもう一つの理由は、セルフコンパッションを続けていくと、自分に対してそうであるように他人に対しても思いやりを持って接することができたり、自然と応援することができるようになるため、様々な人間関係が良好になっていくためです。

運は人とのご縁が運んでくると言われるように、健全で良い人間関係を作れることは、幸運体質に大きく近づく鍵となります。

まず自分自身との関係性が良好になり自分を愛するようになることで、大切な人との関係性にも変化が起きて、宇宙の与える豊かさをそスムースに受け取り、自分を通して循環させることができるようになっていくのです。

「運を引き寄せる」小さな習慣については、こちらの記事もあります。

運を引き寄せる人が自然とやっている「邪気を払う」毎日の習慣

セルフコンパッションのやり方

それでは具体的なセルフコンパッションの方法について、見ていきましょう。

  • 何かがうまく行かない、失敗してしまった
  • 自分で自分を責めてしまう
  • 心が折れそうな出来事があった
  • 誰かにひどく批判された
  • 無性にイライラしたり、気分が落ち込む

例えばこんな時、セルフコンパッションを使ってみてください。

まずは、出てきている感情を押し込めないで、そのまま認めて受け入れるよう意識します。

もし大きな感情にどうしようもなく自分が翻弄されてしまっているように感じるときは、自分の感情をあえて言葉で表してみると、少し感情と距離を置くことができるかもしれません。

  • 「私はすごく悲しい、本当に悲しい」
  • 「どうしていいかわからなくて、とても不安」
  • 「あの人に対して強い怒り、憤りを感じている」

など、その時しっくりくる言葉を使います。

このとき、どんなひどい感情でも受け入れる、と決めましょう。

人は大きな感情に飲み込まれるようなとき、感情=自分と捉えてしまいがちですが、実際にはそうではありません。

感情は常に変化するエネルギーで、あなた自身ではありません。

自分が大きな感情のエネルギーを体験しているだけなので、どんな感情が心の中にあったとしても、あなた自身の価値とは関係ないのです。

なので、あなたの心の中にある感情の存在を認めた上で、自分自身に対して100%の受容と承認ができる言葉がけをします。

  • 「こんな自分でも、大丈夫」
  • 「完璧な人なんていないし、そうである必要もない」
  • 「悲しんでいいし、怒っていい」
  • 「乗り越えられると信じてるし、応援してるよ」

具体的には自分に対してこういった言葉がけを、心の中で行ってみましょう。

もし、感情に伴って痛む部位(胸やみぞおちなどが多いと思いますが)があれば、そこに優しく手を当てながら行うのも良いでしょう。

まとめ

セルフコンパッションの重要なポイントは、「どんな自分でも価値ある存在として、無条件に受け入れる」という自分自身の意識です。

私たちの多くは、生まれてから成人するまでに積み重ねてきた心の傷を作る体験から、「自分が無条件に価値ある存在」とはなかなか思うことができないままに生きています。

自分自身のありのままの価値を認めることができない時、何かあると自分を責めたり、自分に自信や信頼が持てない苦しさから、身近な人との人間関係をより複雑なものにしてしまいます。

自分の生きる価値を証明するために、人に承認や愛情を求めたり、お金や社会的な地位や成功など、外側の何かを得ることに人生の時間を費やすことはもうやめて、シンプルに自分で自分を100%受け入れてみましょう^-^

誰にも頼る必要もなく、お金もかからず、難しい技術も要さず、自分の意思さえあればいつでもできるのが、セルフコンパッションの大きなメリットかと思います。

こちらの記事も、ぜひ参考に。

「つい、いい人になってしまう」低い自尊心を高めるセルフ・コンパッションのすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)